コウとメイのこうげき!

優しい天然息子「コウ」(4歳)と破壊的おてんば娘メイ(2歳)のドタバタ育児漫画。現在平日朝7時に更新中!

コウとメイのこうげき

【育児漫画】オモチャの取り合いケンカ発生!

今日のコウメイの話は、「天の岩戸開き」の神話を
思い出していただけると分かりやすいカモです。

 

あまり詳しくありませんが、
岩の扉の中に閉じこもってしまった神様に
出てきてもらうために、岩の前で楽しそうな
宴会をして興味を引いて、
岩の中から出てきてもらった、
みたいな話です。

f:id:takipon5:20180731224030p:plain

f:id:takipon5:20180731224033p:plain

f:id:takipon5:20180731224037p:plain

f:id:takipon5:20180731224039p:plain

 

一瞬で出てきた。

 

私の想像では、もうちょっと粘ってドアの隙間から
チラチラ覗いてくるかと思ったんですが、
そんな回りくどいことをするメイ様ではなかった。

 

部屋からは一瞬で出てきたのですが、
オモチャは取られないようにしっかり
部屋の中に隠していたという点も、
ほんとちゃっかりしてて尊敬する( ̄ー ̄;)

 

まぁでも、そこはしっかり探し出して、
コウと順番交代で遊ぶことを約束させました。

 

オモチャの取り合いは
ウチの兄妹のケンカ原因第1位です。
(というか、それ以外にケンカ原因あるかな?
ってくらいこればっかり。)

 

取り合いが発生する度に

・貸してと言われたら、今すぐは無理でも、
一区切りついたらちゃんと貸してあげること。
(貸すのがイヤだからって部屋に閉じこもって鍵をかけるなんて
言語道断!( ̄^ ̄)しっかり言い聞かせました。)

・借りた方も、ひと段落したら
「ありがとう」と言ってちゃんと返すこと。

この二つを言い聞かせて、
ちゃんと貸し借りができるよう見守るようにしています。

 

兄妹ケンカは親はできるだけ入らず、見守るのが良い、
とどこかで聞いた気がするのですが、
ウチの場合は2人ともすぐに
『貸してって言ったのに貸してくれなかったー』と
私に訴えて仲裁を求めてくるので、
オモチャの取り合いに介入することが多いです(==;)

 

何が悲しいって、仲裁を求められる度に
うまい具合の区切りポイントを見つけて
「ここまで来たらそのオモチャ貸してあげようね」と
説得し、長い長い交渉の末、ようやく納得してもらって
「ほら順番まわって来たよー!」と言ったときには、
既にそのオモチャに興味が無くなっているって
パターンが多いことです( ̄Д ̄;)

 

この作業、結構大変なんですよ!
特にメイは絶賛イヤイヤ期中なので、
私の話など聞いてくれるはずもなく、
「貸すなんてイヤじゃー!ぎゃー!!!」って
なることが多くて・・・( ノД`)

すごく苦労してオモチャ貸すよう説得したのに
コウはもう全然違う遊びに集中してるし
メイはすっかり荒れてしまって
ギャーギャー状態になってるし!

 

あれー?
私何のために頑張ったんだっけー?(_ _|||)
ってなります。。。

悲しい・・・悲しすぎる・・・。

 

あ、でも、訴えられる度にこんな仲裁を
毎回するのは体力的にも気力的にも
不可能だったりするので
「2人で話し合いなさい!」と無茶振りしたりもしますw

 

ただ、「お兄ちゃんなんだから我慢しなさい」だけは
言わないようにしています。

お兄ちゃんだから我慢しないといけない、
なんてことが何度も続くと、
『お兄ちゃんになんてなりたくない!』って
思っちゃうかな、と思ったので(^^;)

 

逆にメイに優しくしたり、自ら我慢したり
したときは、おもいっきり
「さすがお兄ちゃん!」と褒めるようにしています。

 

どうすることが正解かはわかりませんけれど、
仲のいい兄妹になってくれたらいいなと、
いつも思っています(^^)

 

 

 ↓ランキング参加中です♪
もしよかったらクリックよろしくお願いします☆

にほんブログ村 子育てブログ 育児漫画・育児絵日記へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

twitterのフォローはこちらから♪
更新を私のつぶやき付きでお知らせしてます☆

 

 

 

 

今日はおすすめ絵本の紹介はお休みします。
すみませんm(_ _ )m